顔のむくみをとる方法

顔のむくみをとる方法

朝起きたら顔がパンパンということがありませんか。

 

顔がパンパンだと人前に出るのを恥ずかしく感じる方もいます。

 

朝は忙しいですが、忙しい朝でもすぐにむくみを解消できます。

 

むくみの原因はたまった水分なので、水分を下に流して排泄します。

 

顔の水分は首を通るので、まずは首をほぐします。

 

左右に5回程度ゆっくりと回して首の凝りをとりましょう。

 

次に鎖骨の下に指を入れてぐいぐいと押します。

 

鎖骨の下を刺激することで余分な水分が排泄されやすくなります。

 

耳の下にはリンパ節があります。

 

この場所に向かって顔のマッサージをします。

 

顎の下から耳の下に向かってゆっくり優しくなでます。

 

強い力を入れると血管を傷つけたり、血管やリンパから水分がしみ出すので、小鳥をなでるような優しい力で行います。

 

耳の下に流した水分を今度は耳下から首に向かって流します。

 

耳の下から首を何度か優しくなでましょう。

 

このマッサージを1分程度行うだけでもむくみ解消効果が高いです。

 

むくまないようにすることも大切です。

 

お酒を飲んだ翌日にむくむことがよくありませんか。

 

お酒を飲んだらその2倍の量の水を飲んでアルコールの排泄を促します。

 

ミネラルたっぷりの水がむくみ予防に最適です。

 

お酒のおつまみは塩分が多いものが多く、塩分の過剰摂取はむくみにつながります。

 

おつまみにはできるだけ塩分が少ないものを選ぶと、翌日むくみにくくなります。

 

冷奴、海藻サラダ、蒸し野菜などが塩分が少ないです。

 

海藻や野菜に含まれるミネラルがむくみの予防に役立ちます。

このページの先頭へ戻る