多嚢胞性卵巣(PCOS)の治療にはどんな低用量ピルが使われているのか

多嚢胞性卵巣(PCOS)の治療のため、さいあたり妊娠の希望が無い場合は月経を周期的におこすような治療をするそうです。

その時に低用量ピル、中用量ピルのホルモン剤を使うそうです。

使われているピルですが、ヤーズ配合錠、トリキュラー錠、マーベロン錠が多いようです。

低用量ピルの値段について

まずヤーズ配合錠の値段です。

ヤーズ配合錠は保険が適用できます。

ヤーズの値段ですが、薬価は253.5円/錠(http://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med_product?id=00058814-001

1シート28錠なので、1シートの薬価は7,098円

1シート(3割負担で)2,230円

健康保険が効いても値段は高いですよね。

薬代以外に診察代や薬剤情報提供料もかかります。

保険が効くので一度に処方されるシートも限界があります。

一度の処方される枚数はだいたい3シートのようです。

トリキュラーとマーベロンは効果効能が避妊のため、保険適用になりません。

ただし、値段は2500円から3000円ぐらいで、保険適用のヤーズ配合錠とそんなに値段はかわりません。

さて、もし、トリキュラーを15年ぐらい服用し続けたらどのくらいの値段になるのでしょうか?

なんと、

3000円×12ヶ月×15年 54万!

高い!

値段を安くしたいななら個人輸入がおすすめです。

低用量ピル(超低用量ピル)を格安に買うなら個人輸入がおすすめです。

トリキュラー錠を格安に買うなら

トリキュラー21錠をくすりエクスプレスというサイトで買うなら12シートまとめて買えば6,828円。1シートあたり569円で買えます。

>>詳しくはこちら

マーベロン錠を格安に買うなら

オオサカ堂でタイ向けのマーベロン28を6シートまとめて購入するなら、2,742円。1シートあたり457円で買えます。

同じく、オオサカ堂でタイ向けのマーベロン21を6シートまとめて買うなら、2,628円。1シートあたり438円で買えます。

>>詳しくはこちら

ヤーズ配合錠を格安に買うなら

オオサカ堂でヤーズ(海外名ヤズ)を6シートまとめて買うなら、8,111円。1シートあたり1,351円で買えます。

トリキュラーやマーベロンと比べると高いですが、ヤーズは超低用量で、ヤーズを購入したい方にはおすすめです。

>>詳しくはこちら