自分はピルを使っていいの?

分からない方もいると思います。そんな時は病院に行って、お医者さんと相談したらいいのですが、
製薬会社からガイドラインがあるのまずはこれを見てみるといいと思います。

トリキュラーの場合ですが、患者向けのガイドラインはここにあります。

http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/GUI/630004_254910BF1047_2_14G.pdf

○次の人は、この薬(トリキュラー)を使用することはできません。
・過去にトリキュラーに含まれる成分で過敏な反応を経験したことがある人
・エストロゲン依存性悪性腫瘍(乳癌、子宮内膜癌など)や、子宮頸癌のある人、またはこれらの病気の疑いのある人
・診断の確定していない異常性器出血のある人
・血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患のある人または過去にこれらの病気になったことがある人
・35 歳以上で 1 日 15 本以上喫煙する人
・前兆(視界にチカチカした光があらわれ、この光が拡大していくにつれてギザギザした光となり中心が見えにくくなるなどの視野の異常)がみられる片頭痛のある人
・心臓弁膜症のある人のうち、肺高血圧症や心房細動のある人や過去に亜急性細菌性心内膜炎になったことがある人
・糖尿病のある人のうち、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などのある人
・血栓ができやすい体質の人
・抗リン脂質抗体症候群のある人
・4週間以内に手術を予定している人、手術後2週間以内の人、産後4週間以内の人、長い間安静状態の人
・肝臓に重篤な障害のある人
・肝臓に腫瘍のある人
・脂質代謝に異常のある人
・軽度でない高血圧のある人
・耳硬化症のある人
・妊娠中に黄疸、持続的なかゆみまたは妊娠ヘルペス(妊娠3~4ヶ月以降に発病し、激しいかゆみや痛みのある多数の水ぶくれができる病気)の症状が過去にあらわれたことのある人
・妊婦または妊娠している可能性のある人
・授乳中の人
・現在身長が伸びている人
・オムビタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リトナビル配合剤(ヴィキラックス配合錠)を使用している人

分かりにくいのはここ(血圧)ではないでしょうか

・軽度でない高血圧のある人

軽度でない高血圧とはいくらか目安を書いてほしいと思います。お医者さんはどうやって判断しているのでしょうか?

実は医師向けにもガイドラインがあります。

これです。
低用量経口避妊薬の使用に関するガイドライン(改訂版)

血圧が収縮期140mmHgまたは拡張期90mmHgを超える女性に対しては、OC(ピル)を使用しないように指導する。

とあります。

血圧の上が140以上の方はピルの使用は不可はできないようです。

ピルを慎重に使うべき人

血圧以外の言葉が分からない方は病院に行ってお医者様に相談してください。

患者向けのガイドラインには慎重に使う人という項目があります。

慎重に使っても使わなくても効果は効果や副作用は同じと思いますが、
また、異常を感じたら、お医者様に相談するのも、慎重に使う人も使わなくてもいい人も同じと思います。

でも、参考に引用します。

○次の人は、慎重に使う必要があります。使い始める前に医師または薬剤師に告げてください。
・40 歳以上の人
・子宮に筋腫のある人
・過去に乳癌と診断された人
・血縁に乳癌になった人がいる人、乳房にしこりのある人
・喫煙している人
・肥満の人
・血縁に血栓症になった人がいる人
・前兆のない片頭痛のある人
・心臓弁膜症の人
・軽い高血圧のある人、妊娠中に高血圧になったことのある人
・糖尿病のある人または耐糖能に異常のある人
・ポルフィリン症の人
・肝臓に障害のある人
・心臓病や腎臓病のある人または過去にこれらの病気になったことのある人
・てんかんのある人
・テタニーのある人

ここで、悩むのが
・40歳以上の人
・喫煙している人
・肥満の人
・軽い高血圧のある人、妊娠中に高血圧になったことのある人

でしょうか?

・40歳以上の人
では、40歳以上の人には低用量ピルは処方しないと断言している医者もいます。
ここでは慎重に使うとなっていますが、これも医師の自由のようです。

でも、ミニピルを服用する方も多いようです。

また、低用量ピルを使って、血栓症の兆候を感じたら、やめてミニピルにする人もいるようです。

・喫煙している人
できるだけ、禁煙することをおすすめします。

・肥満の方
どこからが肥満か悩むと思います。

BMIが30を越える方が基準のようです。

体重がwkg、身長がhm(cmではないことに注意)の人のBMIは、

BMI =w /hの2乗
で表される。

例えば身長160cm (1.6m)、体重50kgの場合、

BMI-19.5

です。

肥満の方はできるだけ、健康的なダイエットをして痩せるか、注意して使うかどちらかを選択したらいいと思います。

・軽い高血圧のある人、妊娠中に高血圧になったことのある人
軽い高血圧ですが、これに関して、ガイドラインの明記はありませんでした。
要は使っていいみたいです。

要は慎重にということのようです。

以上になります。

まずは、ガイドラインを見て確認して、最終判断はお医者様と相談して決めてください。