シムビコートを通販で買いたいと思いませんか?残念ながら、シムビコートは処方箋が必要な医薬品で通販サイトでは購入することができません。

シムビコートが買えるのは海外の個人輸入代行サイトです。その中で一番格安に買えるのがオオサカ堂です。

オオサカ堂ではシムビコートジェネリックのフォーモニドインヘラーが格安に購入することができます。


商品名:フォーモニドインヘラー(Formonide 200 Inhaler)200mcg120回分 【1箱120回分】
成分:ホルモテロールフマル酸塩水和物 6mcg、ブデソニド 200mcg
販売価格:1箱 2,518円
     2箱 3,566円
送料:送料無料

>>シムビコートのジェネリックを格安に買える通販サイトはこちら

シムビコートとフォーモニドインヘラーの違い

有効成分量
シムビコート 160マイクロg 60回分
フォーモニドインヘラー 200マイクロg 120回分

シムビコートの体験談

私は38歳会社員男性です。

喘息を長らく患っており、急な発作の為に喘息のお薬を持ち歩いています。昔に比べ、お薬の種類も格段に増え、自分の症状にあったお薬を見つけやすくなりました。私にとって、相性の良いお薬は、「シムビコート」になります。以前は、同じ系統のアドエアを服用していましたが、少し効果面で期待したほどではなく、主治医に相談して、このシムビコートに処方を変えて頂きました。この2つのお薬ともステロイドとβ2刺激薬の配合で、アドエアの方が強いステロイドなので、効果はアドエアが強いかと思っていましたが、個人差があるのでしょう。私にはシムビコートの方が効果を実感できました。お薬は不思議なものですね。

シムビコートのメリットは、デバイスがエアゾールタイプではなく、ドライパウダーの吸入器なので、しっかりお薬を吸った感があるところです。エアゾールタイプでもしっかり体内には取り込まれているのでしょうが、エアゾールタイプは吸った感がないので少し不安になりました。デバイスに関して、もう1点、いいところは残りの吸入回数がひとめでわかるところです。喘息の発作が出て、いざ、吸入しようと思っても、お薬がからっぽだと洒落になりません。その点、残りの吸入回数がわかるので、私は残り10回を切ると、かかりつけのクリニックで処方してもらうようにしています。また、お薬の使い方で良い点は、急な発作の時には、追加吸入ができるというのは、喘息持ちの人間としては他のお薬と違って、シムビコートの安心感が格段に違います。効果や副作用は、個人差が大きくあるので何とも言えませんが、私自身は2年程、シムビコートを服用していますが調子はいいです。

シムビコートのデメリットは、シムビコートに限らずですが、ステロイドを配合している為、口腔内に付着しているステロイドをうがいで毎回、洗い流さないといけないのが地味に面倒だなところです。特に急な発作の場合も、どこかでうがいをしないといけないので大変です。ただ発作が出ても使えるお薬で助けてもらっているので、そんな事を言ってはいけませんが。あとは、喘息とはうまく付き合っていかないといけないので、毎月の治療費がかかるというのも正直なところ辛いですね。60吸入タイプで薬価が5850.20円、30吸入タイプでも2996.30円になり、これの3割負担と言えども、なかなかの金額です。非常に良い薬ですので、もう少し薬価が下がればなと思います。これも、製薬企業様の開発の賜物ですから薬価が高くないと次のシムビコートのような素晴らしい新しい薬が開発できないのでしょうがないところではありますね。

シムビコートは私の生活には、手放せない薬であり、優れた薬の1つだと思います。喘息に困っている方が1人でも多くこの薬の良さを感じて欲しいなと願っています。